今治居合道部の紹介

今治地区剣道連盟 居合道部

(理念)
 剣の理法の修錬による人間形成
(沿革)
 昭和3年 越智中学校(現 南高等学校)に於いて開催された中学校剣道大会にて無双直伝英信流第18代宗家 穂岐山波雄先生直弟子 平山文蔵氏(今治税関所長 当時)の公開演武を機会に居合道同好の志が集い稽古を始めた。
 昭和30年頃 未だ全剣連居合は無く、全日本居合道連盟に所属をし光藤時太郎先生を中心に高段者の先生方より指導を受けていた。
 昭和40年頃には全日本剣道連盟居合道部が創設され数多くの剣道家が全居連、全剣連共に稽古していた。
 今治の居合道は愛媛県下でも古参では在るが、一時期休眠状態が10余年在りその後稽古再開をし現在に至る。

大師匠 範士 光藤 時太郎 先生
 明治35年 今治市生
 旧制今治中学、松高、東京帝大、後 警視庁奉職
 大学時、警視庁奉職後も中山博道先生等に師事、居合道範士 剣道範士
 昭和21年、今治市港湾課就任
 昭和22年、今治市収入役就任
                                                         師匠 教士 小川 寿久 先生 
   教士 越智 通昭 先生  


(教示)
 心の備え
  今治藩流 以心流奥義
  「後深淵盤石臍下、以心鎚砕鐵器」
 (深淵を後ろにし臍下盤石、心鎚を以て鐵器を砕く)

 技の備え
   「手中握鶏卵、以心鎚砕鐵器」
 (手中に鶏卵を握り、心鎚を以て鐵器を砕く)

                                          <今治越智柔剣道小史より>

部員構成

段位 人数
六段 4名
五段 4名
四段 3名
三段以下段外まで 10名余

稽古場所

毎週、火曜日(今治警察署 武道場)・土曜日(今治日吉中学校 武道場)19時~21時